ポルト歴史地区を一望 - TAYLOR'Sのレストラン

ポルトガル北部の都市・ポルト.歴史地区の景観は見事のひと言.
そのポルト歴史地区を眺めるには対岸の都市,ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアからがGood.

このヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアのドウロ川河岸には多くのワイナリーが並んでします.
そうこのポルト周辺はポートワインの産地なのです.

ワイナリーによっては試飲や見学が可能なので「ポルトガルおいしい旅日記」を参考に,
1692年創業の老舗ワイナリー「TAYLOR'S」を訪れることに.

ところが!

日曜日だったためワイナリー見学はお休みでした...

でも,警備のお兄ちゃんはレストランは開いていると言うではないでか.
せっかく来たのだから,それにお昼もまだだったので,ランチとしましょう.

028_a.jpg
サラダ.

028_b.jpg
タラのグリル.

ポルトガルは盛りがいいので,これを二人で分けて食べてちょうど良い量なのです.
どちらも美味でした.ワインなどもいただいて.
あと,ジャガイモも美味しいんですよ.

このレストランはお勧めです.何がお勧めかと言うと...

1.美味しい
2.眺めが良い - ポルト歴史地区が一望!
3.ウェイターさんが親切

《眺め》
028_c.jpg
丘を少し登ったところにあるので,ポルト歴史地区を一望できます.
レストランのテラス席だと,この景色を眺めながらの食事です.

052_s
テラスもフレームに入れてポルト歴史地区とドン・ルイス1世橋を.

 《ウェイターさん》
今回サーブしてくれたウェイターさんがとてもプロでした.
第一印象は怖面なのですが,お勧めは?と聞くと,
親切に対応してくれて,このタラのグリルを勧めてくれました.
「美味しくなかったら交換しても良いよ!」とまで言ってくれたのです.
ワインも一杯サービスしてくれたし,プロの仕事に接すると気持ちが良いですね.最高です.

「日本人はよく来ますか?」の問には,「エンペラーをが来たよ!」

えっ!?今,エンペラーって言った?エンペラーって天皇陛下!?

帰国後調べてみたら,皇太子殿下がH16年にポルトを訪問していたのです.
この時にこのレストランに来てあのウェイターさんが!?
宮内庁のHPには"ワイン工場「テイラー」ご視察"とあるので,食事をしたかどうか.

《案内》
ドン・ルイス1世橋からDiogo Leite通りを西へ.
300mほど進んで,左側にあるDom Afonso3通りへ.
十字路をひとつ越えた次の三叉路を左へ曲がり,
すぐの三叉路を右へ.通りの名がR. do Choupeloであって上りであればOK.
またすぐに三叉路があって,これは左へ.
少し上って右へ振り向いたところにあります.
028_d.jpg
(2008/8 訪問)

《この撮影ポイントからの壁紙&待ち受け》
☆彡旅する壁紙&待ち受け:052 ポルトガル・ポルトの街並み(4),世界遺産

《Google Map:TAYLOR'S》

41.13410427863952,-8.614139556884765

Wikipediaポルトポートワインヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア

《参考図書》
小波田えま・栗山真由美著:ポルトガルおいしい旅日記

関連する記事

コメントする

Tabikabe.jp blog

☆彡旅する壁紙&待ち受け

Powered by Movable Type 5.01

リンク集

Mind-1ニッポン 東北地方太平洋沖地震 復興支援活動 : KAWASAKI FRONTALE

ビール文化研究所

@START!壁紙館

フォトライブラリー・Tabisaku

無料テンプレートならテンプレートキング

(旧)☆彡旅する壁紙&待ち受け

旅する壁紙&アマゾン